We love books

「永遠のゼロ」 百田尚樹 著 

話題になっていて、更に映画化もされていたこの本、やっと読みました。 とはいっても、戦争に関する小説はあまり好きではなく、たまたまよく行く近くの「本源郷」さんにあったので、手に取ったというわけです。 新書は、興味があると新 …

「往復書簡」 湊かなえ 著

湊かなえさんの本を読むのは「告白」に次ぎ2冊目です。 これは、手紙のやりとりで構成されていて、その中からストーリーが見えてくるというスタイルです。 そして、3つの短編と1つの後日談からなっています。 2つめの「20年後の …

「しろばんば」 井上靖 著

中学生の国語の問題集に、なぜかよく出てくる「しろばんば」。 中登美団地ショッピングセンターにある古書店、「本源郷」さんで、この気になっていた本を夏休みに見つけました。 昔の本で字が小さく、500ページもあった上、夏期講習 …

夏目漱石の「こころ」連載@朝日新聞

朝日新聞に今日から夏目漱石の「こころ」の連載が始まりました。100年前の今日、4月20日から、「こころ」の連載が始まったのだそうです。感受性豊かだった高校生の時(遥か大昔ですが)、国語の教科書に「こころ」の一部が載ってい …

「友情・初恋」 武者小路実篤 著

若い頃読んだ本で、いつの間にか手元からなくなっている本が何冊もありますが、これもそのうちの一つです。 なんだか急に読みたくなり、中登美ショッピングセンターにある「古書 本源卿」さんで購入して読みました。印象しか残っていず …

「淋しい狩人」 宮部みゆき 著

一話完結連続物なので、隙間時間に読み進められるので、忙しい人にもお勧めです。 古本屋さんの主人が主人公で、古書に纏わるちょっとしたミステリーという点で、「ビブリア古書堂」に似た設定のお話です。  古書店の主人イワさんと、 …

「97歳の幸福論」 笹本 恒子 著

現在98歳の笹本さんは 今も現役のフォトジャーナリストと聞いて、びっくりです。 こういうふうに、いつまでも現役でバリバリ仕事をしていらっしゃる女性に憧れます。 その笹本さんの生き方を写真と笹本さんの文章で紹介されています …

「野心のすすめ」 林 真理子 著

今話題の「野心のすすめ」を読みました。 題名がうまいですね。 今風というか・・・ 林真理子さんらしい題名というか・・・。 帯についてるサブタイトルで、思わず買ってしまいますよね。 「人生は何度でもリセットできる。」とか、 …